編みもの『英文パターン』ハンドブックを買いました

来月のレッスンで英文パターンで編むのを教えてもらう事になったので、テキストとしてこの本を買いました。

編みもの『英文パターン』ハンドブック




これ、売れているみたいですねー。
みんなこんな本を待っていたようです。
私はRavelryには登録しているものの未経験なので、まだありがたみがわかっていません(^^;;


CALでアフリカンフラワーを編むことになって試し編みをしたのですが、私が最初にしたのは編み図を起こすこと。

でも、昨日届いたこの本の「はじめに」にはこう書いてありました。
「英文パターンはイメージがつかみにくいため、編み始める前に文章から編み図を書き起こしてしまいたくなりますが、個人的にはあまりおすすめしません。」

そうなんだー!
そりゃ、大きな作品になるとそんなこともしてられないか…。
基本は文章だけで編んでいくんですね。
Rickyさんも、英文を読んでそのまま編んでいくって書いてらしたなあ。

なんだか面白そうでもあり、難しそうでもあり。
できるのかな?私。
楽しみです(*^o^*)



いつも勉強させてもらってます(*^^*)↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます!

スポンサーサイト
Category :

買って正解だった洋裁本

きまぐれに時々買っていた『ミセスのスタイルブック』
その中の「誌上・パターン塾」という連載が結構見やすくて、パターンをひくときにたまに引っ張りだして参考にしていました。

型紙を作る時は、この連載とか、スタイルブックの本体とか、大昔の文化服装学院の本で確認しながら作業することが多いんですが・・・
でも、あれどこにあったっけ~?って、その度に本をめくるのがとっても面倒!

この連載がまとまって本になったのは知っていたのですが、一部とはいえ持っているのと重なっている内容もあるしなあと二の足を踏んでいたのです。
でも、昨日編みもの本を買う時にえーい買っちゃえ!とポチり。

今日到着しました。
その本がこちら。



身頃編、袖編、衿編と何パターンかあって、それを組み合わせるといろんなお洋服になりますよ~という訳です。


縦横バイアス地でこんな風に違うとか、ギャザーやフレアの分量比較とか、参考になる写真もいっぱいありました。
他にも前あき、袖あき、カフス・・・

とにかくいろんなことがぎゅーーーっと詰まった本でした。
オールカラーだし、コンパクトにまとまっていて、見やすいと思います。

これはトップ編だから、そのうちボトム編がでるのかな〜?

ただし、縫い方とかは全然書いていません。
あくまでもパターン本なので、要注意!


いろんなとこ自分サイズで作りたいわー!て方や、(←私)

市販のパターンは高いわー!って方や(←めっちゃ私)

実物大パターンの紙を広げて、うじゃうじゃと何本も交錯している線から探して、紙に写して・・・っていうのが嫌いだわー!って方に(←めちゃめちゃ私)

おすすめしたい本です^^



いつも勉強させてもらってます(*^^*)↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます!

Category :
このカテゴリーに該当する記事はありません。