地糸と配色糸の渡り糸、上か、下か

お家にこもって、ぬくぬくダラダラの日曜日😊

思い切りお寝坊して、パジャマのまんまポロカラーの次はどんなのにしようかなあと過去の毛糸だまを引っ張り出して見ていたら…
またこんな記事を発見しました!



No.172の79ページ、読み飛ばしていて全然見ていませんでした。

途中で下にしたり上にしたりしたらダメなのは当然だろうけど(理由1.2)
理由3では「下に渡らせた方の色が強く見えます」となっていて、その上で地糸は下にせよということのようです。

私の理解では昨日の記事とは反対、あってる???

要は模様や好み次第ってことなのですよね。

次のレッスンでまた師匠に聞いてみようっと😄


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
いつもありがとうございます!

スポンサーサイト

編み込みはフランス式? アメリカ式?

昨日はカウチンの裏糸渡しの練習を仕上げました。

(編みっぱなし画像で失礼します)



編みながらまた試行錯誤していたら、訳わからなくなっちゃったー。

いろいろやってみたのは次の方法です。

1.左手に2本持ってフランス式。
2.左手に地糸でフランス式、右手は配色糸でアメリカ式。
3.左手に配色糸でフランス式、右手は地糸でアメリカ式。

1番は表編みの時はなんとかできますが、裏編みの時に渡り糸を編みくるむ作業が面倒過ぎ!
そして、表編みでさえ2本がどうしても接近してきて難し過ぎる。
編み込みの本にはだいだい1番が載っていますが、皆さんすいすいできるのかなあ_| ̄|○

というわけで、1番は何度やっても挫折。
やはり私には左手がフランス式、右手はアメリカ式というのしかできません😭

これまで編み込みというと2番-配色糸は右手というやり方でやっていましたが、今回地糸を右手に持つ3番をやってみると、渡り糸を編みくるむ時に動作が少なくて済むのが3番でした。

どっちがいいとかあるのかな?とググってみたところ、こんな記事を見つけました。

Atelier-Knitsさんの「編込みの糸の構え方」という記事です。

『「下側で渡した色が優って出ます」』
2番の持ち方だと地糸が下側になり、配色糸が目立たない結果となるみたい。

配色糸を下側に渡すためには、
『両手に糸をかける場合は配色を左に、地色を右にします。』
なんだそうです。

編み比べもあり、興味深く読ませていただきました。
もう少し先の編み込みのレッスンの時にまた研究してみようっと。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
いつもありがとうございます!

毛糸だま2017春

毛糸だまも買いました。



今回はラトビア特集、いいわあ。
バルト三国大好きです。
表紙のこのストール、超かわいいなあ❗️



いつか、死ぬまでに、編みたい😅

ラトビアといえばミトン。



模様と配色を眺めるだけでもうっとりですね。

手首のひらひらは入門コースで習ったあの編み方かしら。




そして、またかぎ針編みに注目!
これ、楽しそうだな。



伏見稲荷に行った夜から謎の体調不良で、ゴロゴロしています。
お狐様に嫌われたかしら~😨


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
いつもありがとうございます!

ヨーロッパの手あみ2017春夏

ヨーロッパの手あみの新刊。



師匠が編みたいわ~!と言ってらしたのはこちら。



糸を切らない連続モチーフの、金太郎さんみたいなかわいいキャミ(?)
私も連続モチーフ初挑戦してみようかな~。
出来上がりを楽しみにしていまーす😁

気分転換にかぎ針編みがしたい今日この頃。
これなら、さっくりできそうだ!



そして、クラッチ。



クラッチって結局持たないんだけど、こういうの見ると作りたくなるんだなあ😅


パピーの糸は色が美しいのが好みです。
さらっと作れてさらっと着られるものが多かったように思います。
長ーく使えそうな1冊でした。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
いつもありがとうございます!

蝶ネクタイくまのICカードケース

白いまん丸がくまになりました~😁
蝶ネクタイをつけて正装しています。



実はICカード入れ。
一応穴を開けてみました。



カルトナージュのレッスンで作ったのがもうボロボロで…(見苦しい写真で失礼!)



この大き目のわっかがとても使いやすいので、次もこの形で作ろう!と思っていたのですが、本屋さんでふと目に止まったクマさんに一目惚れ💕

「手編みのポーチ」という本の中の、ファスナー付きのポーチを参考にしました。

目はまだつけていません。
こんな顔もあり?



在庫のボタンを置いてみたけど、目が大きくてかわいすぎるかな。
小さくするととぼけたお顔になるので、やってみま~す。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
いつもありがとうございます!

このカテゴリーに該当する記事はありません。